WELCOME

きらめきのフォークミュージック

~はじめに~


60~70年代にかけて時代とともにきらめいていたフォークミュージック
井上陽水、さだまさし、松山千春、吉田拓郎など、青春時代を共にした曲たち。
アコースティックギターでカバーをしていた方も多いのではないでしょうか?

ふとあの頃を振り返ってみると、聴きたくなってくるあの曲やこの曲!
昔と今では、感じ方も違ってくるかもしれません。
思い出に浸るとき、あの頃聴いていた曲もいっしょに思い出しませんか?

自分が好きだった曲、よくラジオから流れていた曲、友人や恋人と聴いていた曲などなど、
ここでは「あの頃の懐かしいが止まらない!」そんな楽曲やアーティストをご紹介します♪

「懐かしい!」「よく聴いてた!」
ビビッ!とくる曲をぜひ見つけてください♪

~フォークミュージックの始まり~

ここでは、当時流行していた楽曲やアーティストだけでなく、
フォークミュージックの始まりや文化など、フォークミュージックの歴史からご紹介して行きます。

日本においてフォークミュージックはどのようにして始まり、どのようにして広まっていったのかなど、
『日本とフォークミュージック』の関係性や繋がりについてもご紹介いたします。

当時聴いていたあなたも、これから聴いてみよう!と思っているあなたも、
フォークミュージックのルーツを紐解きながら一緒に見ていきましょう♪



<フォークミュージックCD>の購入はこちらから。